トップ > 妊婦さんの疑問を解消 用語解説集 > 顕微受精

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

顕微受精

顕微受精とは1個の精子を細いガラスの針で卵子の細胞の中へ直接注入する方法を言います。

特に「ICSI(卵細胞質内精子注入法)」という手法では、70~80%の高い受精率が得られ、それらを胚移植することで、精子の状態の悪い不妊症患者に対しても高い妊娠率が得られるようになってきています。

この記事のカテゴリーは「妊婦さんの疑問を解消 用語解説集」です。
妊婦さん必見の用語解説集です。妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

ソフロロジー

陣痛を痛みとしてとらえるのではなく、積極的な喜びとしてとらえるようとする考え方...

母子同室

母子同室とは、出生直後から赤ちゃんが、お母さんの傍にいることです。 赤ちゃんが欲...

新生児聴覚スクリーニング検査

生れながらに聴力障害があった場合、言葉の習得や社会的能力の発達の遅れが認められ...

カンガルーケア

赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触させながら保育する...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索」です。

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索淀川区」です。

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索淀川区」です。

カテゴリー