トップ > 大阪市の産婦人科検索 > 中央区 > 国立病院機構、大阪医療センター

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

国立病院機構、大阪医療センター

自然分娩を基本としている。

人工的な操作による介入のできるだけ少ない自然分娩を心がけています。正常分娩経過と判断される場合には、原則として陣痛促進剤の使用は行わない。

LDRを2室、陣痛室6床を備えている。

哺育支援を推進

妊娠中から分娩後、産褥期間を通じて、乳房外来で母乳哺育を支援。
入院中は乳房マッサージなどの哺乳支援を行い、退院後は母乳外来で乳房トラブルに関する相談に対応している。

母親学級

入院中は母児同室での育児指導、沐浴指導、退院指導、家族計画指導を行っています。
未熟児などの場合、長期の母子分離をさけるため、両親の早期接触を推進している。

〒540-0006
大阪市中央区法円坂2-1-14
電話 06-6942-1331 (代表) FAX 06-6943-6467

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索」です。
この記事のカテゴリーは「中央区」です。
中央区の病院情報です。
関連記事

假野クリニック

不妊症・不育症・更年期障害・未婚生理不順を専門とする婦人科 「インターネット版よ...

三宅婦人科内科医院

妊娠に関する用語集をHP上で公開しており、その内容も大変充実しています。 ・つわ...

大手前病院婦人科

・不妊治療 不妊でお悩みの方には一般的な不妊検査を行った上で、タイミング法⇒、ク...

西川婦人科内科クリニック

・不妊治療で有名。実績・知名度ともにNO.1の医院だと言えます。 日本で初めての...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「産婦人科ランキング」です。

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索」です。

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索淀川区」です。

この記事のカテゴリーは「大阪市の産婦人科検索淀川区」です。

カテゴリー